タービンの滅菌について(安心安全の歯科治…

タービンの滅菌について(安心安全の歯科治療のために)notice

タービンの滅菌について(安心安全の歯科治療のために)

歯を削る器具として、主にエアータービンを使います。エアータービンは、高速の空気圧を使い、ジグを回転させる構造になっています。よって、止める時には逆のエアーが必要となり、患者さんの唾液を吸い込むことになります。従って、患者さんごとにエアータービンは交換しなければなりません。しかしながら、新聞で報道されたように、多くの歯科医院ではタービンの交換をしない医療機関が多いのは事実です。(千葉市歯科医師会の簡単なアンケートでは、約7割)

佐藤歯科医院では、患者さんごとにエアータービンを交換するため、使用したタービンは洗浄した後、写真のカセッテに入れて滅菌しています。滅菌器も、内部までしっかりと滅菌できるクラスB滅菌が必須です。現在10本のエアータービンが1日3回滅菌にかけて使用しています。

戻る